HOME > 電話代行会社を選ぶポイント

電話代行会社を選ぶポイント

「お試し期間」だけでなく多角的な視点で選びましょう

電話代行会社によっては、無料や低料金などで利用できる「お試し期間」を設けているところもありますし、返金保障やサービス保証などをされている電話代行会社もあるようです。
もともと、何故この様な仕組みやサービスがあるかといいますと、あくまで電話代行会社のオペレーターが電話応対する事が商品になりますので、電話応対品質や対応力など、これらは実際に利用してみないと分からないのです。

例えば、料金内で対応出来るコール数であったり、受付の時間帯や曜日であったりは目に見える部分なので分かりやすいですし、各電話代行会社ごとに比較もしやすいと思います。
ただ、電話応対品質や対応力などは、その会社の教育・指導方法や使用している電話システム、オペレーター人数、社歴や経営方針などにも関係してくるのではないでしょうか。

いずれにしても、10日間~1ヶ月の「お試し期間」で判断する事になりますので、貴社にメリットがあるのか、貴社のニーズにあうものなのか、を判断するには短い場合もあります。
また、電話代行の料金体系ですが、業者ごとに異なることも多いので事前によく確認しなければなりません。「定額料金」というところもあれば、「業務を依頼する頻度」や「電話応対の件数」、また「応対の内容、例えば専門知識などの有無」ということによってコースの選択をし、それぞれに料金が異なる場合もあります。

依頼する際に「長時間だと安心」、「電話が多い場合のために、件数の多いコースを選んでおこう」と考えられるかも知れませんが、それではせっかくの経費節減効果が薄れてしまいますので検討が必要になるでしょう。「どれくらいの事前打ち合わせが必要」なのかや「夜間や週末はどうするのか」ということでも料金は違います。

要望に照らし合わせ、電話代行会社の料金体系をよく確認・納得してから依頼しましょう。

お勧めの電話代行サービス

個人的にお勧めしているのが、株式会社秘書センターの電話代行です。理由は、オーダーメード型を採用しており、電話代行で一番重要なポイントとなる電話対応の品質が高いからです。

声のトーンや、大きさなど細かい点まで要望を聞いてもらえます。電話対応一つで会社のイメージが決まることを考えるとメリットは大変大きいと思います。